COP10@名古屋

閉幕

がけいきなう!

運営団体

国際青年環境NGO                                      A SEED JAPAN
国際青年環境NGO          A SEED JAPAN
全国青年環境連盟
全国青年環境連盟

ピックアップサイト

A SEED TV
A SEED-TV

キャンペーンの目的


生物多様性が急激なスピードで失われている中で、

生物多様性の損失に歯止めをかけるような目標が設定されなければ、

私たち自身の未来は がけっぷち” から落ちてしまいます。

 

しかし、この大問題に対してまだまだ正しい認識が作られておらず、

すなわち解決のための取り組みも十分ではありません。

 

私たちは、今年10月に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10

開催されるというこのタイミングに、全国のユースの声を集め、

力を合わせて大きなムーヴメントを日本政府や国際社会に対して起こすことが

必要だと強く感じています。

 

当キャンペーンの目的は以下の2つです。
 

 

① 生物多様性の損失を止めるために有効、

  明確な20年目標(ポスト2010年目標)の決定を目指す。


② ユースが社会参加に関心を持ち、

  自ら主体的に関わりを持つための意識変革を目指す。


 

私たちの主張

 

がけっぷちの生物多様性キャンペーン実行委員会は

 2020年までに生物多様性の損失をゼロにするような

『ポスト2010年目標』 が合意されることを求めています。

 

これは、生物多様性の損失を生みだす、

生態系の回復力を超えた損失をゼロにするという意味です。

 


具体的に私たちは、

日本政府が 『ポスト2010年目標』 に 2020年までに生物多様性の損失をゼロに」

という要素を含む主張をすることを求めています。

 


賛同団体へのお願い