COP10@名古屋

閉幕

がけいきなう!

運営団体

国際青年環境NGO                                      A SEED JAPAN
国際青年環境NGO          A SEED JAPAN
全国青年環境連盟
全国青年環境連盟

ピックアップサイト

A SEED TV
A SEED-TV

そもそも生物多様性とは?

よく生物多様性の説明を砕いて説明しているものがありますが、
なかには砕きすぎて本質を捉えられていないものもよくあります。
ここでは、生物多様性についての正確な答えを補足や例を加えながら、
わかりやすくなるように作成しました。

●生物多様性っていろんな種類の生き物がいること?

生物多様性とはなにか?と聞かれたら、
・遺伝子の多様性
・種の多様性
・生態系の多様性
この3つの階層の多様性が生物多様性です。
これが模範回答です。

●遺伝子の多様性
同じ種の生き物でもいろんな性質、形質をもったものがいる。その違いが、多様性が、遺伝子の多様性。
例えば私たち人でも、黒人や白人、黄色人種がいて、その中でも太りやすい人がいて、やせやすい人がいてって

ぜんぜん違いますよね?
それが遺伝子の多様性です。

ちなみに日本の桜ではもっとも植えられている本数が多いソメイヨシノは、すべてクローン。
遺伝子の多様性が極めて低いです。
そのためもしなにかソメイヨシノがかかりやすい病気が流行ると・・・
あっという間に日本の桜はほぼ全滅。ってことになっちゃいますね。
そういうことにならないためにも遺伝子の多様性が必要です。
(すべての桜が個体差がなく一斉に咲くのはクローンだからです。)

●種の多様性
これがきっと一番わかりやすい。
いろいろな種類の生き物がいるってこと。
サクラがいて、ミツバチがいて、スズメがいて、ネズミがいて、コイがいて、そしてヒトがいる。
それが種の多様性。

●生態系の多様性
これがちょっと難しいですね。
針葉樹の生態系や広葉樹の生態系、草原の生態系といった生き物同士のつながりがつくる生態系
というコミュニティーがいろんな種類があること。これが生態系の多様性。


たとえば、もし日本に海も山も川も谷もなく平べったくどこいってもおんなじような森だけならそこに生きることのできる生き物は限られてくる。
どこにいってもおんなじような生物しかいない。
これじゃ、生態系の多様性がない。
でも、日本には高い山があって、そこにしか住めない生物同志が作る生態系というコミュニティーがあって、川の生態系があって、海の生態系がある。
そういった生態系がたくさんの種類があること、それが生態系の多様性。

この3段階の階層のある多様性が生物多様性なんです。


単にいろんな種類の生き物がいる。だけじゃないんですよね。