COP10@名古屋

閉幕

がけいきなう!

運営団体

国際青年環境NGO                                      A SEED JAPAN
国際青年環境NGO          A SEED JAPAN
全国青年環境連盟
全国青年環境連盟

ピックアップサイト

A SEED TV
A SEED-TV

※詳細は、最新版のポジションペーパーをご覧ください。

 

 

私たちは、生物多様性条約第10 回締約国会議(以下、COP10)における

新戦略計画(ポスト2010年目標)の議論にあたって、

私たちの立場および意見を提示します。

 

私たちはCOP10において日本政府が以下の主張をすることを求めます!


2020 年までに生物多様性損失をゼロにする」という短期目標の設定

・ポスト2010 年目標の個別目標(目標561011)の数値など具体的目標の設定

 

 

「生物多様性の損失をゼロにする」という主張の中には、 

「ポスト2010年目標」はできるだけ曖昧さを排した数値を含み、具体的な行動を指し示すもの、

また明確な期限が設けられたものにするべきである、という意味が含められています。

 

現在、「損失をゼロに」という主張は、既に各国の議論で謳われていることであり、

2020年までに生物多様性の損失を止めるための

効果的かつ緊急な行動を実施すること

という、野心的かつ明確な期限の設定を求めています。